空き家の管理者はどんなところに心配を感じているのか?

空き家を管理している人は、空き家のどんな部分に心配をいだいているのでしょうか。

【管理面での心配事】
1位 住宅の腐朽・破損の進行・・・51.5%
2位 樹木・雑草の繁茂・・・39.2%
3位 不審者の侵入や放火・・・34.2%
4位 地震、豪雪などによる損壊・倒壊・・・25.3%
5位 心配事はない・・・19.7%
6位 害虫の発生や野良猫などの集中・・・10.6%
7位 地域の景観への悪影響・・・7.4%
8位 ゴミの不法投棄・・・6.4%
9位 無回答・・・5.6%
10位 不明・・・2.2%

【管理をする上での障害・課題】
1位 生涯や課題はない・・・28.1%
2位 管理の作業が大変・・・26.3%
3位 住宅を利用する予定がないので管理が無駄になる・・・23.6%
4位 遠方に住んでいるので官吏が困難・・・21.4%
5位 管理費用の負担が重い・・・17.4%
6位 無回答・・・9.4%
7位 不明・・・5.4%
8位 管理を頼める人や業者がいない・・・4.4%

(平成26年空き家実態調査)

雑草は春以降ともなればあっという間に増えて、草取りの手間というのは土地が広ければ広いほど結構大変だったりします。

管理にそれほど障害を感じていない人は一定数はいるものの全体の3割に満たず、何らかの障害や課題を抱えている管理者が高い割合で存在することが分かりますね。