空き家のままにしておく理由は人それぞれ?

空き家をそのまま人が住んでいない状態にしておく理由は人それぞれですが、どういった理由があるのでしょうか。

1位 物置として必要だから・・・44.9%
2位 解体費用をかけたくないから・・・39.9%
3位 特に困っていないから・・・37.7%
4位 将来、自分や親戚が使うかもしれないから・・・36.4%
5位 好きなときに利用や処分ができなくなるから・・・33.0%
6位 仏壇など捨てられないものがあるから・・・32.8%
7位 更地にしても使い道がないから・・・31.9%
8位 取り壊すと固定資産税が高くなるから・・・25.8%
9位 古い、狭いなど住宅の質が低いから・・・23.4%
10位 リフォーム費用をかけたくないから・・・20.6%
10位 他人に貸すことに不安があるから・・・20.6%
12位 労力や手間をかけたくないから・・・16.7%
13位 満足できる価格で売れそうにないから・・・13.4%
14位 道路付けや交通の便が悪いから・・・10.2%
15位 資産として保有しておきたいから・・・10.0%
16位 満足できる家賃が取れそうにないから・・・7.4%
17位 戸建てを借りる人が少ないから・・・5.6%
18位 中古戸建てを買う人が少ないから・・・3.9%
(平成26年空家実態調査)

有効利用できている物置利用や困っていない人、資産価値を感じている人以外は、所有者の苦悩が垣間見える内容ですね。
固定資産税が高い場合などは所有者の心理的負担となっていることも多いと思います。
電気、水道位はそのままにしておかないと掃除もできませんよね。

貸すことや売ることに不安やためらいを感じている人も多いようです。
賃貸に出すにもリフォームが必要ですし、借り手が必ずつくとも限らない、売るにしても希望通りの値段で売れそうにない、更地にすると固定資産税はかかるといったように、マイナス要因を先に考えてしまい、どうしようもなく放置しているというのが現状のようです。