【伝統的古民家】アイヌに伝わる寄棟屋根の掘立柱建物「チセ」

今回は、北海道、千島列島、樺太の先住民族アイヌの伝統的古民家「チセ」をご紹介します。

アイヌの人たちは、食べ物や飲み水が得やすく、災害にあわないような川や海沿いの場所を選んで家を建てて村をつくりました。

コタンについて

 この村はコタンと呼ばれ、数軒から十数軒の家が建ち並んでいました。

 人びとは村おさを中心にコタンのまわりにある山や川、海の決まった場所で狩りや漁、植物採集をしながら生活していました。

「チセ」について

 このコタンに建っていたアイヌの人たちの家をアイヌ語で「チセ」といいます。骨組みの木や屋根・壁など家をつくる材料は、すべて自然のものを利用しました。

 たとえば、骨組みの木はハシドイやヤチダモ、壁や屋根の材料にはアシやササなどの草やキハダや樺といった木の皮などが使われていました。チセを建てるときは、材料を採ってきて家を建てるまでコタンの人たちが協力しあいました。

 チセは、屋根の傾きが4方向にあり、多くは入り口のところに玄関や物置として使われた小さな部屋がついていました。

 大きさは20㎡から100㎡程度まで、さまざまだったようです。

チセの内部

 このチセの内側は四角形の一間で、真ん中よりやや入り口寄りに炉があり、窓は入り口から入って正面に1ケ所と右側(または左側)に1・2ヵ所ありました。

 このなかでも特に正面の窓は神様が出入りする窓といわれ、とても大切にされました。

 また、左奥には宝物置き場があって漆塗りの容器や刀などが飾られ、その上には家の神様が祀られていました。

 チセのなかでは、家族が座る場所やお客の席、寝る場所なども決まっていました。このような伝統的なチセは、時代の流れのなかで次第に姿を消してしまいましたが、現在は博物館や伝承活動をしているところで復元したものを見ることができます。

(画像・文章は公益財団法人 アイヌ民族文化財団様のホームページより引用)(一部の画像をWikipedia様より引用)


公益財団法人 アイヌ民族文化財団 【公式サイトはこちら
The Foundation for Ainu Culture
〒060-0001 札幌市中央区北1条西7丁目 プレスト1・7
TEL 011-271-4171
FAX 011-271-4181
開館時間 :午前9時~午後5時
休業日 :土・日曜日、国民の祝日、年末年始(12月29日~1月3日)